メニュー メニュー メニュー メニュー
メニュー
メニュー
メニュー メニュー メニュー メニュー メニュー メニュー メニュー
メニュー
メニュー
 
 
◆いちご
 
こだわりのいちご
 伊達いちごは平成23年の東日本大震災で被災した宮城県亘理町の5軒のイチゴ生産者が、伊達市に移り住み、東北随一のいちご産地である亘理町で培った栽培技術を活かして生産しているいちごです。
 亘理町では主に冬どりの「もういっこ」など、スーパーでよく見かける品種を生産していましたが、伊達市では冷涼な気候を活かし、夏秋どりで主に洋菓子店向けの「すずあかね」を生産しています。
 
 
生産者のこえ
 
◆いちご作りへの取り組み
 伊達いちごはスーパーで見かけることはほとんどありませんが、いちご専門の卸売業者さんを通じて、道内の洋菓子店さんにケーキやジャムなどの原料として供給されています。

本格的な生産は始まったばかりですが、高品質のいちごを生産し、より多くのみなさまに「伊達いちご」を使用した商品を届けられるよう生産者一同、日々努力しています。

 
部会データ
 
組織名
部会長
鈴木 秋衛
 
組織名伊達市農協いちご部会
設立年月日平成25年2月26日
会員数5人
栽培品種 面積 数量 金額
いちご(すずあかね) 0.9 ha
s
 
s
JA伊達市 野菜部会
 
footer