メニュー メニュー メニュー メニュー
メニュー
メニュー
メニュー メニュー メニュー メニュー メニュー メニュー メニュー
メニュー
メニュー
 
 
◆長ネギ
 
歴史も出荷期間も"長"いネギ
 伊達では古くから主力作物のひとつとして長ネギを生産しており、同時に北海道の中でもトップクラスの生産面積・収穫量をもつ野菜となっています。
 北海道の産地は出荷期間が比較的短い傾向がありますが、私たちの産地では、まだ雪の残る初春から出荷が始まり、雪の降り始める晩秋まで、極めて長い期間での出荷を行っています。
 
 
まめ知識
 
◆選び方
 葉は鮮やかな色で、茎はまっすぐとしていて堅く、緑と白の色がはっきりと分かれているものがよいでしょう。
◆栄養素・ひとこと
 緑色の葉ネギと根の方の根深ネギでは前者の方が栄養があります。
 風邪に効果があるとされるアリシンなどを含みますが、他の野菜と同じく調理によって失われやすいので、
効率的に摂るためにはなるべく大きく切る・生で食べるなどの工夫が必要です。
 
部会データ
 
組織名
部会長
矢内 陽條

 
組織名伊達市農協長ネギ部会
設立年月日昭和58年
会員数長ネギ…39人 軟白長ネギ…7人
栽培品種 面積 数量 金額
長ネギ(長宝・松本・白羽) 18 ha 511 t 125,891千円
軟白長ネギ(長悦・冬扇) 1 ha 68 t  38,405千円
s平成24年度出荷実績
 
s
JA伊達市 野菜部会
 
footer